読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいまま

Bzさま・V6さま 愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない

まさかのインタビュー記事で泣かされる

稲葉:僕もね、「僕みたいなスティーヴィー・サラスのギター・ファンは、もっとギターを聴きたがるんじゃないの?」って話をしたんですけど、「俺のギター・ソロのファンより、このグルーヴのファンがいるから大丈夫」って(笑)。

サラス:そもそもKOSHIは、普段は天才ギタリストのTakとB'zを演っているんだから、ギタースタイルが似ている俺と同じようなことを演るよりも、ちょっと違うことを演っても面白いんじゃないかな

 

スティーヴィーマジいい人じゃん。

 

サラス:でも、これだけは言える。「こんなに成功している人で、こんなにも仕事熱心な人は会ったことない」。

 

サラス:計算されていたわけではないし制約も設けなかった。唯一のルールは「クールじゃなきゃいけない」ということ。「ジョージ・クルーニーが聴いたらカッコいいって言ってくれるかな?」「Tak Matsumotoがこれを聴いたらクールって言ってくれるのかな?」とか。友達に「いいね、クールだね」って言ってもらいたいからね。

【インタビュー】INABA / SALAS、「唯一のルールは“クールじゃなきゃいけない”」 | 稲葉浩志 | BARKS音楽ニュース

 

 

自分がヒクくらい嬉し泣き。

 

 私の涙腺ポイントの8割がTak Matsumotoのお名前なんですよ。正直昨年ソロだったから、次はB'zかなって勝手に思ってた。それがふたを開けたらそうでなかった。そうでなかったことが、割と私の中で大きかったんだと思います。

 

そして、稲葉さんの近くにビジネスでもなんでも、すごくよく理解してくれてるひとが松本さん以外にもいらっしゃるってことが実感できました。単純にすごくうれしい。

 

 どうしよう。ハグしたいvv

 

 5.「シラセ」

これはブルースじゃないんですか?

 

 SALAS これは、カリフォルニアのビーチでサーフィンをしているようなイメージが自分の中にあって、だからボブ・ディラン×チャーリー・セクストン的な、でも白人がブラックミュージックを試みてるような感じかな。だから、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ的な? 黒人じゃないんだけれども、白人がグルーヴしているような、ヒッピーファンク? でもメロディーはちょっとカルーソーとかロイ・オービソン的な、歌い込んでる感じで、レッチリではできないような……。
 
…何を言ってんだかサッパリ。とりあえず、スティーヴィーはスゴイ人なんだ(典型的なバカな感想)
 
こんなスゴイ人に仕事熱心って言われる稲葉さんって本当に仕事熱心なんだな。
こんなスゴイ人に天才ギタリストって言われる松本さんって本当に天才ギタリストなんだな。
うれしいな。
 
今日のミュージックステーション、一人でも多くの人にみてもらえますように!

INABA/SALAS

AMAZONさんが無事に私のINABA/SALASを届けてくれました。


聴いた人みんな思ったと思う。
『TROPHY』の最後どうした。
テンションMAXで切るに切れなかったのか。



これからゆっくり大事に聴いていくけど、
個人的に嬉しかったことは、ほとんど日本語の歌詞であること。

スティーヴィーと仲良くなって、てっきり前にコラボしたみたいに
英語詞メインになるのだと勝手に思い込んでた。

ありがとう。英語も格好いいと思うけど、
私はやっぱり日本語が好きですよ。

広告を非表示にする

The Covers

目下の難問

 

Coming Century『Wild Style』の「夢が重なりあい広がる」と「回想めぐりめぐる」のパートが、どうしても坂本さんにきこえる問題。

 

多分岡田くんだと思うんだ。

 

なぜか毎回、坂本さんカミセンじゃないのに、歌ってる......って思ってしまう。 (坂本さんを嫌いなワケではない。むしろ好き。6人とも好き。念のため。)

 

 

『The Covers』のトニセン出演回見ました。

相変わらず安定の歌うま三人組でしたね。ただ、百恵ちゃんのカバーにはちょっと笑いました。

 

『やってられないわ』でアップで抜かれるたびにヘンな笑いがこみ上げる。ホストのリリーさんも言ってたけど、芝居みたいな感じがそこはかとなく漂ってた。もっというと、若干オネエ入ってた。いや、お三方とも至極マジメにやってらっしゃるのはわかってる。でも、茶化したくなる。それがトニセンクオリティ(うまくない)。

 

少年隊さんのカバーは、さすがでした。生バンドでジャズ風ナンバーってかっこいい。そこはかとなく昭和。もうすぐ平成が終わるかもしれないこの時期に、あえてのシャバダバ。期待を裏切らない。

 

井ノ原さんの 「低空飛行でもいいから、長く続けていきたい」に、割とジーンときちゃいました。フォエバコンMCでも「僕らがいい時代にしなきゃいけない」っておっしゃってましたし、結構簡単に諦めて拗ねて辞めがちな時代に、やんわりと警鐘を鳴らしてくれてるような気がします。。頼れる兄さんですね。

 

下積み長いから、って各々自虐的にいろんなところでおっしゃってるけど、恨みつらみ感じさせることなく、あんなサラッといえちゃう感じ。尊敬です。

 

んで、上げといて何なんですけど、あの~井ノ原さんのセーターは、あれは、イケてるってことでいいんですかね?ちょいと若作りに見えない気がしないでもない。もっと渋く『不惑』な感じにしてくれても良かったのに。(ぶちぶち)

広告を非表示にする