あいまま

Bzさま・V6さま 愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない

聴くたびにAdrenaline UP!になる3曲【B'z編】

もうすぐ、30周年イヤーも本番ですね。

自分のためにも、ちょっとまとめておきましょうかね。

 

①F・E・A・R(アルバム『Brotherhood』所収)

アドレナリン上がるとともに、稲葉さんの滑舌にほれ込む曲。
イントロのギターについて、指何本あれば弾けるのって松本さんに小一時間問いただしたい曲。
 
アウトロでいきなり「Shall we dance?」と踊りに誘われるという、ただでさえびっくりする曲なのに、DVD『LIVE GYM Pleaure 2013』では、「Shall we dance, baby?」とアドリブかましてくる。
セクシーダイナマイト(古)三割増で、私は画面の前で気絶しそうになりました。
 
マジメに書くと、「失うことにおびえながら少しずつ失っていくんだ」のくだりで、毎回頑張んなきゃって思います。

 

Brotherhood

Brotherhood

 
 

②スイマーよ!2001(シングル『ultra soul』所収)

オリジナルバージョンは1997年リリース アルバム『SURVIVE』 。
驚愕。
もうそんなに前なんですね。
 
私が初めて買ったアルバムがおそらくこの『SURVIVE』です。
『SURVIVE』は何回聴いても、どの曲を聴いても、飽きがこない。
ありふれた言い方だけど宝石のようなアルバムです。
 
アゲておいて何ですが、購入当時高校生の私は1曲目の『DEEP KISS』の良さがまったくもってわかりませんでした。
何か言ってんだけど、歌詞カード見ないと何言っているのかわからない。
何より字余り感ハンパないのでノリづらい。
そのため、いつも2曲目 『 スイマーよ! 』 から聴いてました。
(それが、今じゃ『F・E・A・R』でアドレナリンラッシュになるようになるんだから、人生ってわからない)
 
曲名がそこはかとなくダサいけど、曲自体はメッチャカッコイイ。
そして、だれもが知っているであろう『ultra soul』のシングルB面に、リテイクの『 スイマーよ!2001 』が収められています。
 
オススメなのは、 DVD『LIVE GYM 2001 -ELEVEN-』の『スイマーよ!2001』。
稲葉さんが恰好いいのはもちろん、グラマラスなお姉さんの踊りがすばらしい。
(※注)一応私は女性です。
 
B'zのライブで『 スイマーよ! 』が流れると、私の頭の中では勝手にお姉さんが再生されます。
(そして彼女に負けまいと無理くり頑張った挙句、翌日筋肉痛に悩まされるという過酷な現実が待っている)
ultra soul

ultra soul

 

 

SURVIVE

SURVIVE

 

 

 ③BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-(アルバム『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』所収)

 

オリジナルアルバムでのリリースは1989年。
リリース年調べるためにWikipedia見たら、衝撃のキャッチフレーズ発見。
「エンドレスで、かまわない。止めるまで、DANCE空間。DANCE ORIENTED SPECIAL」
 
意味不明すぎる。
「止めるまで、DANCE空間」って何それ?どういうこと?
 
デビューアルバムの有名なキャッチフレーズ「最先端から加速する。」も、相当に笑えるけど、それを凌駕するハイセンス。
 
まぁ、オリジナルはダンス オリエンテッドスペシャル だったんでしょうけど、私が愛するバッコミはロックのそれです。
私にとって、もはやバイブルといっても差し支えないDVD『LIVE GYM 2008 -GLORY DAYS-』の栄えある第一曲目。
 ======================
力強いシェーンのドラムでビートが刻まれ、
それに合わせてお客さんが手拍子を刻み、
 シェーンの手とドラムスティック高速回転が映り、
ドラムスティックがピタッと止まるやいなや、 増田さんのシンセが入り、
松本さんのギターが入り、
明転、
 
松本さん ・稲葉さん、オンステェジィ!!

======================

っていう流れが、最高に好きすぎる。
 
これ書くためだけに、わざわざ3回ブルーレイで再生したくらい、好きです。
(今まで便宜上DVDって書いてきていますが、ほとんどブルーレイで買い直しております)

 

B'z The Best “Ultra Pleasure

B'z The Best “Ultra Pleasure"(2CD+DVD) CD+DVD