あいまま

B'z 祝・30周年!(ドンドンパフパフ~!!)

MR.BIG JAPAN TOUR 2017 広島 感想

やっぱり行ってしまった。
MR.BIG 日本公演千秋楽。
 
B'z LIVE-GYM 2002 “GREEN ~GO★FIGHT★WIN~”以来の生ビリーシーンと
ERIC MARTIN USA POP BRIGADE以来の生エリック・マーテイン。
 
ポール・ギルバードとパット・トーピーは初。
もちろんパットの助っ人マット・スターも初。
 
広島のBLUE LIVEは稲葉さんのソロのときに行ったハコですが、
段差があまりなくて、背が低い私には結構きついところです。
 
今回唯一の段差部分のある小2階みたいなところが閉鎖されてて
みんな同じ高さでのスタート。
 
でもとてもラッキーなことに、私の周りは女の子が多くて、比較的見やすかった。
最初の2曲は人に埋もれたけども、それ以降はほぼエリックの笑顔と美声を同時に堪能。
 
定番の『Just Take My Heart』 は、なんでこんなに泣けるんだろうね。
『To Be With You』と並んで定番中の定番とわかっているのに、もうやばかった。言葉遣い許してください。でも泣きそうだった。
それが割と早い段階でやったんだよね~。
 
私は、本当は今回MR.BIG のライブに行く予定にしてなくて、急遽某ぴあ様のお世話になったもんだから、
ぜんぜん新アルバム聴きこんでなくて、行く前結構ナーバスでした。
 
でも行ってみたら、そんな心配無用だった。
もちろん新譜の曲もちりばめられてましたが、
『Promise Her The Moon』『Undertow』『Green Tinted Sixties Mind』『Take Cover』『Colorado Bulldog』『Addicted To That Rush』など、思い出せるだけ書いただけでも、ほとんどベストに入っている曲やってくれてました。
本当によく歌ってくれた。ありがたや、ありがたや。
同時に、今度来日してくれるときは、必ず新譜を聞きこんで来るからね!と心に誓いました。
 
「I'm getting old!」ってなんかの曲を歌い切ったときに、嘆いていましたが、ぜんっぜんそんなことないよ!
 
その歌声もルックスもまるで時間に置き忘れられたような若さを保ち続けるエリック・マーティン
 
 
とあるけど、まさしく。
 
 
明後日は、韓国に行くMR.BIG。ワールドツアーはまだまだ続くんですよね。
頑張って世界を回って、また日本に戻ってくるのを待ってます。
「できるだけ早く日本に戻ってくるよ(意訳)」と最後、ビリーが言ってくれたしね。