輝く時間

あの日を胸に今日も生きている

【教訓】にこ健 その835は、深夜に読んではいけない

また泣きすぎてミイラになっちゃった。

三宅健が優しすぎるのがいけないんだ。(この人、とうとう人のせいにしだしたよ。)

だって泣きたいときは、たくさん泣いていい、我慢しなくていいなんて…(´;ω;`)ブワッ


剛くんの公式サイトとTwitterのスタートしたこと、自分でもびっくりするくらい嬉しかった。何より、居場所がわかって安堵した。家出した仔に対して言ってるみたいだけど、私の心情的にあながち間違った表現でもない。
もともとV-Landが11/30までだったことを考えると、森田剛公式のスタートが翌日の12/1って、すごくよく配慮されているなと思った。
V6の最後の年を全力で駆け抜けながら、入念に準備されてきたんだなぁ、と思うと、涙が溢れて仕方ない。


でも、なんだろ。とても嬉しいのに、とてもさみしい。情緒がまことに不安定。

よせばいいのにこのタイミングでananを再読してみた。情緒が死んだ。


(6人が)特別かと言われると錯覚な気もする。でも、そんな素敵な錯覚なら、おとぎ話じゃないけど信じていたいと思うんです。それってすごく幸せなことですよね。たとえば、アイドルとファンの繋がりって目に見えるものじゃないですよね。だからこそ信じるって大変なことだと思うけど、それでも信じてくれてありがとう。

森田剛 anan No.2271