あいまま

B'zとV6を応援しています

永久保存版

B'z LIVE GYM Pleasure 2018 HINOTORIのBlu-ray・DVDが発売になりましたね。
マジでガチで永久保存版ですよ、皆さん。
 
いきなりネタバレ行きますよ。
ツアードキュメンタリーから行きますよ。
フラゲして発売日がたまたま休みだと仕事が早いですよ。
 
■2018.7.26 TOKYOプリプロダクション
松本:ラータタタタ、ラータタタタ♪これ結構高いんですよ
稲葉:あ、ほんと?
松本:うん、まずこの…。
稲葉:サビ?
ナーナナナーナ♪ナナナナナーナ♪ (突然高音・大音量)
(急に小声・低音)ってとこ?
松本:もうちょっと下げたほうがいい?
稲葉:(さらに小声・低音)…それがですね、まぁ、その…張ってる感じのほうがいい場合が(以下略)
 
ここ最大に笑いました。
もともと稲葉さん、歌っているときとしゃべっているときの声音が違いすぎて
ライブDVD観てるときもMCのとき少し音量上げないと聴こえないで有名(私の中で)なんですけど
それが顕著に出てましたよね。
そして、突然拡声器な稲葉さんにぴくりともしない松本さん。
あ、いつものことなんですね、っていうことがよくわかる。おもしろいなあ。
 
 
そして、笑っている私は知らない。
ものの数分後に涙する羽目になることを。
 
 
広島グリーンアリーナって出た瞬間、あ、マズイ、と思ったよね。
すでに涙があふれて画面が見えなくなってた。
裏できちんと天気図を確認している様子まで残してくださってありがとう。
何より、貴重な、稲葉さんの最初の挨拶部分をカットせずに入れてくださってありがとう。
あのとき、開催されるか本当に心配で心配でしょうがなかった気持ちが一気に時を超えて
生々しすぎるくらい蘇ってしまった。
 
そして、静かに涙する私は知らない。
ものの30分くらい後に号泣する羽目になることを。
 
 
インターネットってものの恩恵で、情報として知ってはいたんですよ。
でも「あの日」がこの福岡公演だったってことは、忘れてて…。
本当にしょっぱなは声は出てたけど、ブローウィンで明らかに声の様子がおかしい。
ここで初めて「あの日」かって気づきました。
もうこの時点で、涙はもちろん、息がうまくできず。
Blu-ray止めようかなと思いました。
今、未来の私は、このとき稲葉さんは最後には完全ではないものの調子が戻って歌い切ったことを知っているから、どこか平静に最後まで見れたけど、実際過去のこの公演に参加した人たちの心配はいかばかりか。
ましてや松本さん・サポメン・スタッフの皆さんの心配いかばかりか。
当人の責任の重さいかばかりか。
 
それでも、「皆さんに頼るつもりはありません」と強く言い切った当人のその姿勢。
暖かく見守る松本さんとサポメンの皆さんの様子。
…はー。しんどいけど、観て本当に良かった。
実際の状況を自分の目で、自分の耳で知れて本当に良かった。
 
たぶんだけど、プロ意識のとっても高いB'zのお二人にとっては、この福岡は誇るべきものではないと思うし、できれば消したい記憶なんじゃないかなぁと思います。
でも、こんなふうにごまかさずに、節目に触れて見返すであろう30周年の映像作品に遺してくれた。それ自体ものすごい覚悟。
ありがたい。
私の「裸足への女神」への愛情は、以前このブログでも延々つづったとおりですが、さらにさらに大切なものになりました。
 
2019年もライブを開催してくれることが決まっています。
繰り返すけど、本当にありがたい。
私は幸い、広島にいけることになっていますが、行けても行けなくても、ずっと永遠にB'zを愛せる自信あります。
 
生きてれば会える!
私はこの時代に生まれて幸せだ!
 
 
 
 
 

B'zの日

本日2/26はB'zの日だそうです。

 

知らなかった…。

ファンになって20云年、まだまだ知らないことたくさんあるなぁ。

 

私にとってB'zの日は9/21でしたし、これからもそうですけどね❗

 

しかし、ゼップ名古屋取れんね。

ひさびさに第一第二希望両方とも名古屋にしてみたけど、ムリでしたね。

 

いいもん、広島に行くから!

ファイナルも取れたら行こうかな。

今さらながらダイナソー聴きまくってます。

B'zのお二人のことだからアルバムももうすぐでしょう。

 

 

無題

たまには真面目なトーンで書いてみます。

 

 

 


私は先月から本格的にツイッターを見るようになりました。
その中で、アドリブV6の2回目、みんなに無視されるくだりで坂本さんがかわいそうっていう意見を見ました。
いじめじゃんという意見もみました。

それで、考え込んでしまったわけです、いろいろと。


私も確かにかわいそうだと思いました。
坂本さんイジリには長い歴史がありますので、これくらいやってもOKという線が他メンバーより行き過ぎな面は否めないと思います。
個人的には、2017年のThe ONESのDVDのMCでん?と思ったことがあります。特典DVDに、いじられリーダーってキャプションつけられたチャプターがあるんですが、
そこで独身やら孤独死やらでいじられるところ、愛を全く感じないわけじゃないが、正直あまり好きな笑いではないなと思いました。


でもいじめとまでは思いませんでした。
誰かしら最後はかばってくれてますからね。
今回のアドリブV6の場合は、井ノ原さんが、「何帰ってきてんのよ?」って笑いながら迎えてくれたじゃない?

それをいじめというのは表現が強すぎると思います。


そもそも、かわいそうって思われることを、果たして坂本さんは望んでいるのかな。
そして、ここからは私の希望的観測ですけど、かわいそうと思われてもそれをやりきる強さは、坂本さんには十分あるという認識だから、かわいそうかもしれないけど、笑いを取ってメンバーもああいう対応になったんじゃないのかな。


だいたい、笑いって誰かが傷つくものがほとんどですよ。
誰も傷つけたくないって毒にも薬にもならない当たり障りないことばっかりいってても面白くないでしょう。
少しくらい傷ついても死にはしないから、笑ったもんがちだと、私は思いますけどね。絶対に他人を傷つけたくない場合は自虐になるけど、それさえ自分が傷ついてるからね。そしてその自虐がとっても上手なのがトニセンだったりするからね。困った、困った。
特に井ノ原さん、ジュニア時代から自分で『目は細いまま生きる』って書くほど開き直ってるけど、昔あれだけ細目だの不細工だの言われて傷つかなかったわけない。でも、そういうこともあったねくらいの笑い話にして場を和らげてるよね。井ノ原さんが今のようにいわゆるいい人になるまでに 、相当数こんな風にはならんとこ、と思わされた反面教師がいただろうことは想像に難くない。


話がそれたついでにもっとそらしてみると、ちょっと失言しただけだったりちょっとやらかしただけだったりしても、寄ってたかってやたらいじめだのハラスメントだの騒ぎすぎる一部の方たちのガチガチ頭傾向自体は、今に始まったことではないので、特段相手にする必要性を感じません。時間もったいない。勝手にやりたまへ。
しかし、ツイだろうがつぶやきだろうが、不特定多数が見る環境に文字として残すということは、少なからずその影響力を考えたほうがいいと強く思います。

 

今回のアドリブV6のこととは全く関係ないですが
前後の文脈なく思いやりもなくただ主観なるままにパブリックにつぶやいている方がいて絶句しました。
つぶやけてしまう環境があるから発生するんでしょうけど、控えめに言っても下品。


このブログは、趣味で書いていますが、私とは考え方が違う方が読むだろうことを念頭に、お馬鹿さんなりに気を遣って書いています。
有名無名問わず、多くのブロガーの方の文章に同じ気遣いを見ますし、それが当たり前だとも思います。
しかし、ツイッターは文章が短いがために、物理的にそれができないんです。なおさらよく考えてつぶやいてほしいと思うわけです。


ずっと思ってたこと書きますが、嵐の会見のとき、たしかに無責任発言しちゃった記者、何様だと思ったけども、そのあと、ツイッターで匿名という安全な位置から、あいつは誰だとか犯人捜しまで始めちゃうのは、逆にそっちのほうが何様なんですかね。
そもそも人間って誰しも不完全なものというスタートラインを忘れてやしないかい。
「ちょっと言い過ぎたね、次は気を付けてね」で済む話ではないのでしょうか。
その時カチンときても、後日「あの発言で逆に言いたいことが言えた」ってプラスの発信ができる当事者の櫻井さんが、あまたいる傍観者よりも何倍も俯瞰で物事を見てらして、さすがだと思いました。

 

これからジャニーズ事務所は今以上に逆風の時代になる気がします。
少しほころびが見えただけで嬉々として群がる心証の方たちが、あまりに多いし、その方たちに生き餌を与える状況が続いてますし。
でも、心無い発言は全部、発言したそのひとに向かっていくと信じて、穏やかに冷静に対応していくファンでいましょうね。

 


…ほらほら、まじめなトーンだとちっとも面白くないわ~。
でも、書けてよかったです。すっきりしました。私が。
お付き合いありがとうございました。
次からまた能天気なブログに戻ります。


念のため書くけどツイッター自体に罪はありません。使い方間違えなければ楽しいよね。