あいまま

Bzさま・V6さま 愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない

TMG『Dodge The Bulett』DVD感想

え、いま?

と自分でも思う。
 
AMAZONさんが破格で提供してくださるし、乗っとかない手はないと思って。
 
そして、乗っておいて良かった。
 
すごい良いライブだね。
2004年のライブなので、みんな若くてハンサムだということはもちろん、とても音楽を楽しんでるのが伝わってくる。
 
個人的に意外というか心つかまれたのは、最初の三曲くらい、ずっと松本さんがすっごいまじめな顔で黙々とギターを弾いている姿。
B’zの曲だとリラックスしている雰囲気があるけど、さすがにTMGはその当時初めての試みだったろうし、自分の名前も背負ってるし、慣れない曲ばかりだったろうし、緊張感があったんだろうな。
 
対照的に、エリックとジャック(ギター)のリラックスぶりがすぎる。特にジャック。もともとの性格なんだろうけど。
 
TMGの曲じゃないけど、「To Be With You」は何回聴いても素晴らしい。
ライブ映像だとより泣けるね。なんであんなに情緒的な歌い方で、かつ力強くうたえるんだろう。
さまになるんだろう。
Mr.Bigが日本でヒットしたのはメロデイもそうだけど、エリックの、あの何とも言えない繊細な歌い方が大きく貢献していると思う。
 
 
エンディングのカワイイ音楽が耳について離れない。
同じフレーズをただひたすら繰り返してるだけのように聴こえるんだけど、リズムといいメロデイといい、コミカルでトムとジェリーのちょいスタイリッシュにした感じで、とっても楽しい。
ドキュメント見る限り、ジャックが作詞したみたいですね。
 実力がある上での遊び心だよね。
 
Mr.Bigの公演が日本であると聞いて、今とっても迷ってます。
すっごい行きたい!
けど、仕事の予定が今後どうなるかわからないのに、チケットとってもな。。。。
 

 

Dodge The Bullet ~LIVE 2004~ [DVD]

Dodge The Bullet ~LIVE 2004~ [DVD]

 

 

 
 

声明_Still Alive 初回限定盤

今回のシングルは、3曲目と4曲目をすでにitunes配信で購入しているので、
すごい買おうかどうしようか迷ったんですよね~。
ウン十年ファンだけど、お金に糸目をつけずっていうより、賢くお互いのためになるようなお金の使い方をしたいというスタンスでやってきましたので。
 
でも、買って正解!
そんで初回限定盤で正解!
Still Aliveって名曲な上、MVがすばらしい。
アマゾンさんのすばらしい働きで、今日の昼とどいたばかりですが、すでに4回再生してます。
 
B’zの曲って一回聴いただけじゃ、その魅力は半分も伝わらない。
長年ファンやってる人はそこが奥が深くて好きなんじゃないかと思う。
 
 
イントロでバッコミみたいなリズムを刻まれて、もう心の中で白熱の手拍子。
あ~もう、今すぐにライブに行きたい!
待ってろよ、福山!
 
MVでは、いきなり稲葉さんのアップで始まるので心臓に悪い。
松本さんのギタープレイも相変わらず素敵すぎる。
ちゃんとバリーさんもシェーンさんもいるし、あぁB’zなんだなぁって。
なんだろうね、このゆるぎない安心感。
 
カッコイイじゃけなくて、稲葉さんの手から謎の発行体があらわれたり、謎のマグマ爆発だか小惑星爆発だかが起こってみたり、ツッコミどころ満載なのも好きです。
 
何一つ終わりじゃない!
声明 / Still Alive (初回限定盤)

声明 / Still Alive (初回限定盤)

 
 
そうそう、昨日V6のアルバムが発表されましたね。
私、B'zのライブでお金を使うので、たぶん初回限定盤Bしか買えないかな。。。
A盤の全曲MVも捨てがたいですけどね…。
 
 

 

 

太陽と月のこどもたち 通常盤 感想

知らないうちに、6月に突入してます。。。
「気づいたら、もう6月なの。」って井ノ原氏の誕生日をおぼえらえない状況をかわいくのたまった三宅氏に激しく同感。
 
『太陽と月のこどもたち』通常盤と初回限定盤Bも買ったので、遅すぎる感想を書こう。
 
…誰だっけ、以前、複数形態販売に抵抗があるって書いたのは?
おそろしいことに、今は、通常盤と初回限定盤ダブルで買う事に何の抵抗もありません。
 
 
<通常盤>

1. COLORS

最初、ピンと来なかった。
何度も聴いて魅了されたのが、長野さんパート。
誰かと比べて泣いてないで君だけの光を見て
歌詞自体、うるっとくるのに、それを長野さんの優しすぎる声で歌われたら、泣かないでいられるわけがない。
「泣いてないで」ってそんな無理なこと言われても。
 
 

2. 太陽と月のこどもたち

太陽のように笑い、月のように綺麗なひとよ

 

すぐにわかった。
あなたたち自身のことを言ってるのね?オッケー、納得!
 
サビのメロディの頭が繰り返し止まりません。
やっかいなことに、そのたびに胸がつっかえます。
仕事中に思い出すと、なおやっかいなことになります。
 
あら、恋するオトメみたい。
(そもそも、6人全員に対して、同時に同じくらいの熱量で恋に落ちるって、オトメのやることではない。)
 
今までこんなにもⅤ6から母なる愛を感じたことがあったでしょうか。
私は本当にこの曲が好きです。
 
 

3. GOLD

なんかへんな前奏。(失礼)
トリッキーなメロディに剛君の声が重なってやっと安心する。
今回、剛君から始まる曲多くない?
 
サビのメロデイがどことなく日本的な音階。
かみのまにまに、みたいな。(古いBzファンしかわからないネタですみません)
 
 

4. SPARK

愛してます!
狂ったようにリピートしてます!
 
なんでこの曲をA面にしなかったんだ、エイベックス!
もちろんほかの曲もすてきだけど、全4曲の中でこの曲ほど、6人の技巧が光って見えるものはない。
 
もう言うのもばからしいほど、当たり前にすてきなリーダーから始まるスタートからすでにドキドキするのに
それからサビへの盛り上がり加減が絶妙すぎる。
特にお気に入りなのが、3:22あたりからのイノッチ(と思われる)のファルセット。
からの、怒涛の6人のかけあいパート。
かーらーのー、けんみやけの力強い高音パート。
 
いつぞやのラジオで、ファルセットは僕にとって難しくもなんともない、みたいなことをおっしゃってましたが、それを裏付けるものを見事に見せてくれた感じ。この曲の三宅さんの高音パートはファルセットじゃないけど、でもこんなにも彼の力強い高音を初めて聴いた気がする。声がコンプレックスだったらしいと聞いたことがあるけど、どんだけ!最高じゃないの!
 
最近、2009年のComing Centuryのアルバムにどっぷりはまってまして、そのときの三宅さんパートのお気に入りについてもいつか話せたらと思う。
 
もうね、何回聴いても、6人6様の声が、高音から低音から、微妙に混ざり合ってなんともいえない気分になる。
なんともいえないが、最高ってことはわかる。
 
もっとこんな曲を前面に出してよ!
何枚でも買うし!
 
偽物はイラナイ 見たいのは本当のYOU
 
Exactly.