あいまま

Bzさま・V6さま 愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない

聴くたびに泣きたくなる曲3曲【B'z編】

①RUN  -1998 style- (アルバム『B'z The Best "Treasure"』所収)
 
アルバム『RUN』 (1992年) がオリジナルですが、私は1998styleを愛聴しています。
オリジナルは「生きるなら」の 「ら」が平坦かつパシッと切り捨てられている感じ(らッ→)ですが
1998styleの「生きるなら」(らァ↑)と上がるほうが好き。
もう1998style聴きすぎて、オリジナル聴くと違和感しかない。
 
この曲、B'zファンで嫌いな人っているんだろうか。
・時の流れは妙におかしなもので 血よりも濃いものを作ることがあるね
・これは一生の何分の一なのかなんて よくできた腕時計ではかるもんじゃない
 
…歌詞書き写しているだけで涙腺が緩むってどうなのかね。
自分で自分がコワイ。
 
ちなみに RUN  -1998 style- のあと、数秒のポーズを辛抱強く待つと、短く『Home』のアコースティックverが入っていて、二度おトクです。
 
ライブでは、本当によく聴く曲です。
DVDで有名なのは、2003年の『 Typhoon No.15 』のサイリウムでしょうね。サイリウムに気付いたときの稲葉さんがはじける笑顔でキュンとなります。
『LIVE GYM 2006 MONSTER'S GARAGE』では、本当に走っちゃってます。涼しい顔でギター弾いてる松本さんをステージに置いたまま、「レッツラン♪」って普通の声量で歌いながらアリーナ一周しちゃってます。稲葉さんっていったい何者…。
私にとって、もはやバイブルといっても差し支えないDVD『LIVE GYM 2008 -GLORY DAYS-』では、MCが神。
この曲に入るまえの、本当に短いMCなんだけど、何回観ても聴いても涙があふれます。

 

「また絶対会うんだぞ、約束だぞ!」
 

 

B´z The Best Treasure

B´z The Best Treasure

 

 

②いつかまたここで(アルバム 『B'z The Best "ULTRA Treasure"』所収)
 
良い曲。良い曲すぎて、①で ”これは一生の何分の一なのかなんてはかるもんじゃない"って書き写したばかりなのに、
自分が生きているうちに聴ける回数を勝手に想像して、勝手に泣く。
どんなにプレイリスト編集しても、この曲だけは外すことができない。
 
おそらく、音楽的な価値としてはそんなに重要な位置を占めているわけではないんじゃないかと思うんです。
2008年の『B'z The Best "ULTRA Treasure"』の三枚目に入っているだけという、完全なる20周年記念ボーナストラック扱いなのを見てもそれは瞭然なのですが、私にとってはとても大切で重要な曲。
 
前述のLIVE GYM-GLORY DAYS-のDVDにも収録されています。
返す返すも、映像に残った2008.9.21 日産スタジアム ファイナル公演に実際に参戦できたことは、奇跡としか思えない。
私の誇りです。
 

 

B'z The Best

B'z The Best "ULTRA Treasure"

 

 

裸足の女神(シングル『裸足の女神』所収 その他ベストアルバムいろいろにも入っています) 
 
もう耳タコっていうファンの方も多いと思うんですが。
ナナナナーナーナーナ、ナーナーナナーナナナーナー♪
が流れると、もはや合わせて口ずさむ以外になにもできない。
そして何回聴いてもなぜだか涙があふれる曲です。
どこまで走ればあのひとに会える

のとこで、だいたい稲葉さんが松本さんを指し示すのが、大好きでたまらない。

 

DVDではたくさんたくさん演奏されているけど、2003年の『 Typhoon No.15 』がおすすめかな。

 

裸足の女神

裸足の女神

 

 

B’z SHOWCASE 2017 -B’z In Your Town-ライブ 感想

やっぱりB'zだなぁ。
 
そう確信した1日でした。
 
2時間があっという間。
かつ、凄い濃い空間。
 
ほとんどシングルばかりという構成。
三階席にも関わらず、センターポジションで肉眼でB'zのお二人とサポートメンバーががっつり見えるという環境。
ずっとずっと見てきて聴いてきてるファンの方に囲まれて、コール&レスポンスが怖いくらいピッタリ。
 
そういうこと全部が相乗効果で、私、久々にライブで泣きました。
 
あ、ファン人生で初めて、ギリチョでタオル旋回に参加できました。
二の腕の脂肪が凄まじく揺れるけど、気にしない。
裸足の女神で会場一体のコーラスにも参加できたし、もちろんウルトラソウルで、ウルトラトリプルジャンプにも参加できて、もう言うことないです。
 
心の底から参加できたっていう感じ。
ものすっごく楽しかった。
これはライブでしか味わえないんだよね。
おそらく、DVD化されちゃうとと、途中で飽きちゃうかも。いや、もちろんDVD化してほしいですけどね。
 
音楽配信のときにはいまいちピンと来なかった『世界はあなたの色になる』が、とてもよかったっていうね!
感動のあまり、拍手も忘れて棒立ち。
そして、いつの曲やねんっていう『SAFETY LOVE』!
どうしたって、ダンスオリエンテッドスペシャル!
若い子、キョトンじゃなかったろうか(笑)
こういうことがあるから、ライブはやめられない。
 
予定ではタオルしか買わない予定だったグッズ。
Tシャツも買っちゃった。ガチャガチャもやってしまった。
 
B'zのお二人の活動の糧になると信じてるよ‼️
 
福山でこの盛り上がりなら、津山と豊中ってどうなっちゃうんだろうか…(笑)

聴くたびにAdrenaline UP!になる3曲【B'z編】

もうすぐ、30周年イヤーも本番ですね。

自分のためにも、ちょっとまとめておきましょうかね。

 

①F・E・A・R(アルバム『Brotherhood』所収)

アドレナリン上がるとともに、稲葉さんの滑舌にほれ込む曲。
イントロのギターについて、指何本あれば弾けるのって松本さんに小一時間問いただしたい曲。
 
アウトロでいきなり「Shall we dance?」と踊りに誘われるという、ただでさえびっくりする曲なのに、DVD『LIVE GYM Pleaure 2013』では、「Shall we dance, baby?」とアドリブかましてくる。
セクシーダイナマイト(古)三割増で、私は画面の前で気絶しそうになりました。
 
マジメに書くと、「失うことにおびえながら少しずつ失っていくんだ」のくだりで、毎回頑張んなきゃって思います。

 

Brotherhood

Brotherhood

 
 

②スイマーよ!2001(シングル『ultra soul』所収)

オリジナルバージョンは1997年リリース アルバム『SURVIVE』 。
驚愕。
もうそんなに前なんですね。
 
私が初めて買ったアルバムがおそらくこの『SURVIVE』です。
『SURVIVE』は何回聴いても、どの曲を聴いても、飽きがこない。
ありふれた言い方だけど宝石のようなアルバムです。
 
アゲておいて何ですが、購入当時高校生の私は1曲目の『DEEP KISS』の良さがまったくもってわかりませんでした。
何か言ってんだけど、歌詞カード見ないと何言っているのかわからない。
何より字余り感ハンパないのでノリづらい。
そのため、いつも2曲目 『 スイマーよ! 』 から聴いてました。
(それが、今じゃ『F・E・A・R』でアドレナリンラッシュになるようになるんだから、人生ってわからない)
 
曲名がそこはかとなくダサいけど、曲自体はメッチャカッコイイ。
そして、だれもが知っているであろう『ultra soul』のシングルB面に、リテイクの『 スイマーよ!2001 』が収められています。
 
オススメなのは、 DVD『LIVE GYM 2001 -ELEVEN-』の『スイマーよ!2001』。
稲葉さんが恰好いいのはもちろん、グラマラスなお姉さんの踊りがすばらしい。
(※注)一応私は女性です。
 
B'zのライブで『 スイマーよ! 』が流れると、私の頭の中では勝手にお姉さんが再生されます。
(そして彼女に負けまいと無理くり頑張った挙句、翌日筋肉痛に悩まされるという過酷な現実が待っている)
ultra soul

ultra soul

 

 

SURVIVE

SURVIVE

 

 

 ③BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-(アルバム『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』所収)

 

オリジナルアルバムでのリリースは1989年。
リリース年調べるためにWikipedia見たら、衝撃のキャッチフレーズ発見。
「エンドレスで、かまわない。止めるまで、DANCE空間。DANCE ORIENTED SPECIAL」
 
意味不明すぎる。
「止めるまで、DANCE空間」って何それ?どういうこと?
 
デビューアルバムの有名なキャッチフレーズ「最先端から加速する。」も、相当に笑えるけど、それを凌駕するハイセンス。
 
まぁ、オリジナルはダンス オリエンテッドスペシャル だったんでしょうけど、私が愛するバッコミはロックのそれです。
私にとって、もはやバイブルといっても差し支えないDVD『LIVE GYM 2008 -GLORY DAYS-』の栄えある第一曲目。
 ======================
力強いシェーンのドラムでビートが刻まれ、
それに合わせてお客さんが手拍子を刻み、
 シェーンの手とドラムスティック高速回転が映り、
ドラムスティックがピタッと止まるやいなや、 増田さんのシンセが入り、
松本さんのギターが入り、
明転、
 
松本さん ・稲葉さん、オンステェジィ!!

======================

っていう流れが、最高に好きすぎる。
 
これ書くためだけに、わざわざ3回ブルーレイで再生したくらい、好きです。
(今まで便宜上DVDって書いてきていますが、ほとんどブルーレイで買い直しております)

 

B'z The Best “Ultra Pleasure

B'z The Best “Ultra Pleasure"(2CD+DVD) CD+DVD