あいまま

B'zとV6を応援しています

TOP HAT 東急シアターオーブ 11/14

甘い…甘すぎる…。
 
事前情報ゼロで、久しぶりのミュージカルをマーサ坂本目当てに観に行ったら、かなり重ための砂吐きの刑でした。
これまた久しぶりの渋谷で、道に迷いながら道を訊かれるという、
何の試練なのかわからない試練をくぐっての砂吐きの刑ですからね。
しかもオペラグラスを忘れるっていうしょーもない落ち、ふたたび。
でも忘れてよかったかも。
あの甘すぎる「愛してる」を尊顔を拝し奉りながら聴いていたら、おそろしい奇声をあげていたかもしれない。
すばらしいシアターオーブの音響効果が違う意味で発揮されていたかもわからない。
 
坂本さんの技量は、いつもどおり高め安定で素晴らしかった。
ただ、あまりにV6の6人一緒にいるときのいじられキャラとちがいすぎてね。正統派イケメンすぎてね。
いいとかわるいとかじゃなくてね。
もしかしなくても、坂本さんって白馬の王子様なんですね。
無知って罪。
前に、「坂本くん、私生活でもミュージカルだから」って三宅某氏にいじられてたけど、もし本当に私生活でもミュージカルされてたら息がもたないと思う。
周囲の女子全員が。
V6の中で「赤面砂吐きセリフがサマになるランキング」開催したら、1位は坂本さんでしょうね。
ちなみに2位は森田さん(私見)。
 
ずるいのが、足の長さとか肩幅の広さとか顔のちっちゃさとかそういう造形はかなりなロマンスノベル王子仕様なんですけど
セリフの言い回しが、ときどきなんともいえぬ甘ったれなんですよね。
素なのかなー。役作りなのかなー。
長身オールバックイケメンに、突如「けっこんするー」とか、岡田某氏顔負けのひらがなな感じで言われてみ?
心臓にクるでしょう。息とまるでしょう。ええ、ええ、そうでしょうとも。
個人的に、たべちゃんに叩かれても叩かれても律儀にひざまづいて求婚する、マゾ系坂本さんが最高にキュートでツボでした。
 
たべちゃんはもともとキュートなんですけど、私の知っているたべちゃんと比べるとずいぶん大人になったなっていう印象です。
繰り返し言うけど、オペラグラスがなかったので顔のことを言っているわけではありません(笑)。
嵐の番組でちらっと見たときはなんかおとなしいかわいらしい感じの少女だったのに、
今回のミュージカルでは妖艶なこともしないとならないという。キャー恥ずかしい!(突然)
タップも踏んで、正統派ダンスも踊って、歌もお腹の底から声が出てて。
すてきな女性になられてて、うらやましい限りです。
 
共演者の屋良っちも、たしか嵐の大野くんと同期クラスのジャニーズだったと思うけど、全くジャニーズな感じしなかったです。
完全に古田新太さんとか松重豊さんとかみたいなザッツ舞台俳優な印象の演技だったので、公演後WEBで情報見て
「え、アルベルト、が、屋良っちであってる、よね」と半信半疑でした。
今回、坂本さんもたべちゃんも正統派なまじめな演技(というか役柄上そうでないとおかしい)だったので、屋良っち、益岡さん、朝海さんなど脇を固める俳優陣が自由に楽しく演じてくださる実力派俳優であったことが本当に良かったなぁ。
何気にいちばんオイシイキャラって、浅野さんの執事ベイツでしたよね。
 
なんか、舞台ってすてきですね。
開始0.5秒で、問答無用で立ち上がり、そこから2時間かそこらぶっ続けで踊りクラップヨアハンズしまくり歌いのりまくるという某アーティスト(B'zとかB'zとかB'zとか)の参加の仕方が骨の髄までしみわっていたので、
最後スタンディングオベーションになるまで、座ったままで、丁寧なさざ波のような拍手で演者に感謝を伝える、今回の穏やかな観劇スタイルは新鮮でした。
でも舞台裏は穏やかどころじゃないでしょうね。幕間20分休憩あるといっても、3時間強あって、
タップとダンスと歌とで魅せて、舞台袖行って帰って、また演技もしないとならない。
すごい世界だなぁ。
 
V6のファンになっていなければ、ミュージカルを西の辺境から東京までわざわ観に行くことはなかったと思います。
またもや、一つ新しい鍵を手に入れた!(RPG風にお願いします)
シアターオーブ、いいハコでしたね。
私はヒカリエがまだ工事中だったころに東京にいたことがあったので、とても感慨深かったです。
…そしてヒカリエできたら終わるのかと思っていたら、まだまだ工事が現在進行形という。どうなってんだ渋谷。
「渋谷パンテオン前でト二センを拾ってた」(三宅某氏談)時代を知っている人から見たら、今の渋谷はどんな風に見えてるんでしょうね。

B'z LIVE GYM PLEASURE 2018 味の素スタジアム 9/21

 
雨でした。
 
雨の中、待っててくれてありがとう~🎵(歌)
B'z LIVEGYM 2003 TYPHOON No15 DVDより
(たぶん。記憶に頼ってるので違ったらご容赦を。)
 
こんなに祝福の雨が❗
B'z LIVEGYM 2008 GLORY DAYS DVDより
 
 
誰しも思っただろう。
デジャヴ…?
 
 
ネットニュースにまでなってる…。
 
 
ここまできたらいっそネタじゃないの。
「なんかすいませんねぇ」って、軽く謝ってたけど、
なんか結構気にしてそう、稲葉さん(笑)
 
 
雨だったよ。寒かったよ。
私はスタンドだったので濡れる心配なかったけど、
アリーナ席だいぶ大変そうに見えたよ。
でもそんなことはね、もういいよね…。
 
30周年迎えられるってことは 
B'zのお二人・サポメン・スタッフ・歴代のファンの方々、それぞれが、B'zを30年守りぬいたよっていう証。私はこうやってB'zの30周年の節目に立ち会えただけで果報者でございます。
 
途中、実は不安になった瞬間がある。
『光芒』でいつもほど声が伸びない感じがあって、しきりにイヤモニを手で押さえる様子が見えた。
不調のときの某公演のレポート、読むのも怖かったけど、事実としてそういうことがあったと知ってはいた。でも急に実感となって襲ってきたのは私にとっては昨日だった。
 
『光芒』が終わったら違和感は消えたので、勝手に思いこんだだけというオチかもしれないけど。
 
最近は、ライブ前に『これが最後でも悔いないように参加する』と毎回静かに思ってる。もちろん続けて欲しいよ。
叶うなら、永遠に。
でも稲葉さんも松本さんも当たり前だけどヒューマンビーイング。いつどうなるか分からないし、これを書いている私も、いつライブに行けなくなる事態になるか分からない。
 
そう思い始めてから、もともとプレシャスだったライブがよりプレシャスになった。より1回1回を噛み締めて味わって、涙をこらえて参加するようになった。
 
なので、9/21のライブでファンのことを
「君たちが僕たちの最高のプレジャーでトレジャーだってことだよ」と松本さんが言ってくれたときに、雨がどうとか本当どうでもよくなったよね。
あの、大物の。On Guitarの。TAK MATSUMOTOの宝物が私たちファンなんだって❗❗
普段松本さん、あまりしゃべってくれないからわからなかったけど、だいぶファンのみんな大切に思われてた。
あなたは太陽の小町!エンジェル!(歓喜の舞)
 
「もらってばかりでお返しできてない」って稲葉さん言ってたけど、そもそもこっちが勝手にファンになってる時点で何も返してもらおうとは思ってない。(少なくとも私はそう) それ以上にお返しどころじゃない励ましと生きがいを、CDリリースやライブのたびに溢れるほどいただいてるから「もらってばかりでお返しできてない」は事実上正しくない。その謙虚な姿勢にまた勝手に大好きになります。いざ今宵酔わん, I love you!マイエンジェル!(すでに泥酔)
 
『長い付き合いになりそうだけど、よろしく』って終盤言われたとき、安心して涙が出た。
 
やっぱり、続いて欲しい。
叶うなら、永遠に。
 

B'z LIVE GYM PLEASURE 2018 広島グリーンアリーナ 7/29

この声が聴こえるかい
どうか苦しまないで
(B'z 『Calling』)
 
台風のおかげでどうなるかと思った今日のライブ。
 
開催してくれて、本当にありがとうございました。
参加した皆さん、大変でしたねぇ。。。
 
今まで会場入りに苦労したことない私は、まさかの地元公演で開催危ぶまれる事態に顔から血の気が引きました。
前日、ほとんど寝られませんでした。
 
思えばしんどいことしかなかったこの7月。
7/28の広島は落選したので
今日開催中止だったらかなりへこむところでした。
 
チケットが取れる取れない、
押しの曲が演奏されるされない、
いろいろあるけど、無事に一つの公演が始まって終るということ自体が非常にかけがえなく、ありがたいことだと、教えてもらった1日でした。
 
2時間押しで始まったにも関わらず、2時間半もやってくれて、B'zのお二人には感謝しかない(泣)
 
そして2時間半やってくれたにも関わらず、体感時間ほぼ10分な自分のポンコツぶりに嘆くしかない(泣)
 
しょっぱ、いきなりウルソでヒューズが飛びました。そこから全部歌える踊れる。これを楽しいと言わずして、何を楽しいと言うの。
 
特に『恋心』は会場みんなでそろって踊って最高でした。今日、払戻もOKだったのに、ほぼ満員でしたね。なんかそういうことにもいちいち感動しちゃって視界がぼやけるぼやける。
 
『TIME』はシェーンさんのドラムをガン見してました。『BAD COMMUNICATION』は、アレンジが軽めな気がして、若干乗り切れず。『LOVE PHANTOM』は途中知らない曲に切り替わってびっくり。『光芒』はやってくれただけで、もうありがたくて拝みたいレベル。
 
アンコール『Brotherhood』の圧巻シャウトで度肝抜かれてる間に、『愛のバクダン』来て。
時計見たら時間も押してるし、終わりかなと気を抜いて手拍子してたら。
『RUN』。
来た。来てしまった。
でもここで泣いたら、ただでさえ脱水症状気味なのに、さらに水分を放出してしまう。
必死にこらえた。
が。
とどめ追い出し曲が『いつかまたここで』。
 
...さらば、水分。
もってけ、ドロボー。
 
 
プレジャーがプレジャーすぎて大切すぎる。
 
最後スタッフさんに控えめに促されて、しぶしぶ立ち上がることになったけど、
『いつかまたここで』が終わるまで、席に座って聴いてしまってました。
追い出し曲なのに(笑)。
 
 
グッズ並ぶのに時間かかりすぎて開演ギリギリ走ったり、
ガチャガチャで井戸に次ぐ井戸を引き当てたり、
モニターがよく見えない見切れ席だったりしたけど、本当に帰りたくなかったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
生きてれば会えるだろう
いつかまたここで