輝く時間

B'zとV6とKinKi Kidsを応援しています

Guys俺たち写真集が世界の中心でメンバーへの愛を叫ぶただのラブレターだった件

※一部写真集のネタばれが含まれます。
※長いうえに、いつも以上に感情垂れ流しです。ヒマなときに読まれることを強くおススメします。

 

 

 

岡田さんのお初写真集を大事に抱えて帰ってきて、
昨日の深夜お家でゆっくり見ていたら、涙が流れて止まらなくなりました。
おかしーなぁ、昨日の表参道では一滴も出なかったのに。

 

なんかね、写真展では空気感に呑まれちゃったんだよね。
あのどでかい写真に呑まれちゃった。
しょーもないなぁ、自分。
ちっちゃい写真のなかにKinKi Kidsもいたよーって前情報があったの、いまごろ思い出す。
後ろの人が気になっちゃったのもあって、なんかいまいち落ち着いて見られなかった。
しょーもないなぁ、自分。
雨が降っていたこともあり、結局エイベもタワレコも寄らないまま終わった。
...まぁ、ものごとはすべてよしとはいかないんだ。愛しい後悔を背負うもんだ。何をやってもな。


幻覚かもしれないんだけど、写真展に芝生の上でめっちゃはしゃいでる井ノ原さんのちっちゃい写真があったの。
ほんとうに、子供みたいにめっちゃはしゃいでて。
「え、アンタ四十路も半分超えたんじゃね?子供も2人いるんじゃね?その少年感どうした?え、これほしーな、でも写真集にはさすがに入れんよな」って思ってたら。

入ってた。
しかも芝生シリーズ、何枚かあったのに「よりによってそれ?」っていうのが一枚だけ。
いや、岡田さん...。
それ、写真展で一連の芝生シリーズ見た方でないと、伝わらないんじゃ...(笑)。
前から思ってたけど、岡田さんって変わっているよね。
芝生シリーズ以外にも、よりによってそこ?っていう写真がちょいちょいあったし。
おそらくだけど<最古参パイセン人格の三宅健>だったらそれは選ばないだろう写真がちょいちょい。
なんだろう、この並々ならぬ被写体とご自身との、独特の関係性への自負。
こちらが少しでも?って説明を求める顔したら、苦笑されそう。そして「このイノッチの良さがわかんねーとは。さらばだ。貴様とは友達になれん」って抜刀されて私の人生が秒で終わりそう(完全なる想像です)

 

大丈夫よ、岡田さん。殺される前に言っておくけど、私あなたのそういうマニアックなとこ嫌いじゃないわ。
私が写真展で見て「これ手元に欲しいけど、写真集には入れないよねたぶん。万人受けしないだろうし」と思った写真思った写真、片端からすべて写真集に収録済みという衝撃。おそらく私たちは同類。
岡田さん、私とフレンズから始めるのはどう?(なんかほんとうに秒で殺されそう)。


ていうか、ヨシヒコ、芝生シリーズに限らず、基本はしゃいでたわ。
よく見ると、井ノ原さんだけじゃなくて、トニセンは全体的におフザけに走る傾向があることがわかった。
坂本さんは顔がこわばり、
長野さんは鼻がふくらみ、
井ノ原さんはチョける。
おそらく照れてるんだろうけど。
かわいいなトニセン。年上の男の人にかわいいって言っていいのかわからんが。


だからなのか、トニセンは岡田さんのカメラに無自覚のときの写真のほうがそうでないときより、ドキっとする。すごい生々しい。ときに色気がある。ときに痛々しい。岡田さんにとっての「作意のない写真」ってこういうことなのか。なんかほんと真面目というかウソがないというか…。
これ、ファンである私が見ていいもんなのか…って思うくらいのが何枚かあってヒェってなった。
誤解を避けるために言うと、そんなに変わった写真じゃないです。何とも思わないでスルーするひとはスルーだろうなと思うくらいのもんです。
ただ、アイドルだったら普通NG出すんじゃないのかな?って私は思った。
メンバーからのNGは基本ないよって岡田さんが笑ってたけど、返す返すもすごいすごいことだよ、それって。


岡田さんのファインダーを通して写真を見て、今更ながら、同じV6でありながらトニセンとカミセンって全くカラーが違うんだなと思った。
カメラ向けられるとサービスなのか照れなのかいろいろと不自然な写り方しがちなトニセンに対し、カミセンは全くの自然体。
森田さんは、優しい笑顔。いついかなるときもふんわり笑顔。口角あがってなくても瞳が微笑んでいる。
三宅さんも、優しい笑顔。わかりやすく照れている。「なんだよーっ」て言っている。写真なんだけど、それが聴こえるよう

「オカダの背負っているものは俺にはわからないけど、V6にいるときくらいは笑っていてほしい」という全ぶいファンが泣いた森田剛の言葉があるけれども、ほんとうに森田さんは岡田さんのことが大好きなんだね。同じくらい岡田さんも森田さんのことが大好きなんだね。
岡田さんの写真は、V6メンバーへの愛情しか感じない。
けれども、中でも特に森田さんへの愛情はハンパない。ちょっとビビるくらい。
V6ファンとしての自分のバイアスかかってる自覚はあるけども、それでもちょっとビビるくらいの感情。

 

おそらくだけど解散発表した3月、いろいろなひとからいろいろなことをメンバーは言われたんじゃないかなと思う。SNSで見る限り、思いのほか悪意は少なかったし、おおむね週刊誌は落ち着いたコメントだった。それでも、純粋に解散を惜しみ、悲しむ声はすごかった。
6人の総意として解散を決定したとは言っているけど、外に見える事実は「森田さんの独立」が解散の発端。だから、どうしても森田さんのせいにされがち。V6の関係性をよく知らない人にとってはそれもまた致し方ないことだけど、それでもそれを岡田さんはすごくすごく気にしていただろうこと想像に難くない。そういう世間一般にタイマンはれるくらいに「森田剛はこんなに僕を愛してくれました。僕も森田さんのことが大好きです。どーだ、この関係性。うらやましいだろ。」って岡田さんの写真が言っている。すごいわかるよ。ああ、うらやましいよ!そして、なんか知らんが私の目から涙がしたたりおちるよ。

 

岡田さん、なんかしらんが、V6のことになるとちょー口ベタだったはず...、確か。私、11/1幕張の現場でMCで泣きながらも(岡田さん...、ごめん、何いってんだかよくわかんねぇ)って心の中でツッコミ入れたもん(笑)。あんなに映画やドラマの現場ではしっかりしてていっぱしの俳優さんなのに。V6に関してはテキトーな言葉で取り繕えないくらいに動揺しちゃってた、そんな岡田さんなのに。
写真を通すとこんなに雄弁じゃん。
そんなのあり?
ナニソレ?新手のツンデレ

 

森田さんも好きだけど、三宅さんも好きだから、そして剛健の強火でもあるから、カミセンの現場ではどうしてもつい一歩三宅さんに場所を譲ってしまいがちの岡田さん(それもかわいくてヨシ)。
でも、今回、写真という媒体を通して、誰にも遠慮することなく、最前列で森田剛に重い愛を叫んでる。そんな岡田さんが、ちゃっかりさんで私は大好きなんだ。

 


...いい加減長い自覚はあるが、もうちょっとだけ書かせてくれ。

 

おおっぴらに言えない、もしくは言わないだけで、今も現在進行形でV6解散の衝撃から立ち直れてない人いっぱいいっぱいいると思う。いじわるとか悪意とかではなく、V6の新しい活動がもうないという事実への純粋な悲しみから、各メンバーの個人FCにも入れず、V-Landも見られず、今回の写真展も外れ、円盤は買ったはいいが箱も開けられず、どうしたらいいんかわからない人もいっぱいいると思う。
でも、冷たいようだけど、それはあくまで個人の事情。
当たり前だがV6メンバーのせいではない。誰のせいでもない。だからメンバーご本人は知らなくてよい。というか知らないでいてほしい。というか知っちゃダメ。
なのに。

 

先日のにこ健で、「V6への愛ゆえにグルーヴコン円盤を観られないファンが続出している現状」を、三宅健氏は正確に把握していることが発覚した。

 

戦慄。

 

もう三宅健氏のこの姿勢は、アイドルの福利厚生とかそんなあまっちょろいもんじゃねぇ。
三宅健というひとは、見なかった振りしない。というかそういうことが根本的にできないひとなんだね。
母なるぶいしっくすが、実態を失くしても、三宅さんは、その母体のファンに対して手を差し伸ばし続ける。人間らしくぶつぶつ文句も言うし、立ち位置も間違えるし(笑)、言いすぎるファンに対してはたしなめる勇気もあるし、自分にできることとできないことをしっかり判別もできる賢さもある。

 

でも私が一番三宅健さんが優れていると思うのは、自分にはどうにもできないことがあったとしても、それでもファンの思いを察することをやめない強さ。一度ファンになったなら、たとえそ別Gに浮気したとしても、掛け持ちしたとしても、「なんだかんだあっても最後の最後は僕のところにかえってくるくせに。ま、戻ってこなけりゃ戻ってこさせるまで」のその気概と愛情深さ。
なんで、そこまでできるんだろう…。正直私には理解できない。私は人に好きになってもらえなかったらすぐにあっさりあきらめる。だから健ちゃんのこの執拗なまでの他人への愛情深さが本当に理解できない。『コイツ一体何なんだ』って僭越ながら私の中の森田剛がずっとつぶやいてる。V6は基本変人の集まりだけど、中でも一番三宅健が変わっていると思う(あ、この場合の変わってるはホメ言葉ですから。念のため)。


もし私が三宅健だったなら、いろいろうるせーV6オタクは、全員適当にうまいことやって、サッサと自分の純粋なファンのみにその最大の愛情を捧げるけどね(大笑)。だってあんなに男前でキュートなんだよ?!ジャニーさんがユーをメインにGを作りたいって思ってたくらいの逸材よ?!そりゃぶいは好きだけどさ、普通、この状況になったら、さすがに我が身を一番にするっしょ?というか、そうであるべき、と私は思うのよ。

なのにさー…。
自分の舞台の告知とか番組宣伝とかもあるのに、隙あらばV6連呼。V6・V6・V6 (T_T)
V6ファンとしての自分としてはスゴいありがたいけど。ありがたいけどオアアア…(泣)もうご自身のことだけ考えていいと思うよ…本当に。このままだと三宅さんに依存するアホが続出するよ?そのアホとはなにを隠そう私のことだったりするよ?
彼のV6ファンへの限りない思いやりと愛情の源は一体どこにあるんだろう。
考えても考えても、もう、ほんと、理解できなくて頭を抱える。

 

文句言う筋合いはないのはわかってる。ほんとにありがたいの。でも同じぐらい三宅健ご自身の今後が心配。
あ、彼の仕事一般に関しては全く心配してないっス。バラエティも演技も歌も踊りもできるし、精神力強いのも知っていますし。ただその愛情深いその性質をV6の代用品として体よく利用されないかだけがすごく心配。彼自身が自覚的に楽しんでるうちはまだいいけど。誰だって代用品として愛情を無心されて平気ではいられないはず。いくらアイドルとはいえ。ただでさえ、今までだって「僕はカスタマーセンターじゃない」ってラジオで吐露されるくらいにはいろいろ陳情持ち込まれがち三宅さん。もうV6はない今、彼のもとにV6関係の無神経なメールやらお便りやらが届いていないことを祈るばかり。疲れたらガス抜きに森田剛に電話してね、三宅さん。「森田テメェこのやろー」くらい喧嘩ふっかけたらいい(笑)。何でもいいから、ファンのあずかり知らぬところでいいから、二人でケタケタわらっててくれたらそれでいい。

 

実は、さきほど、岡田さんのMCがどーたらこーたら書いたわりには、私自身も、円盤本編をまだ全部観られていない勢。あんまり意識もしてなかった(笑)でも、にこ健みて思った。仕事のせいにして、どっか私も避けてたのかも。だって100%泣いちゃうってわかってるもんねぇ…。

もう、いっか、この際。
今、岡田さんの写真というメンバーへのラブレターにさんざん泣いてしまってるから、いっちょまとめて泣いておこう。